海外の証券会社との交渉・・・疲れたな〜

朝起きれなくて気持ち良くなかったから内科に急きょ行って薬を処方してもらいました。ここ4週間は、

①転職活動(書類応募、応募先の会社の吟味、一次面接、(正式な一次面接の前段階の)非公式面談)

②FXの取引口座に入れてた自分のお金を引き出して生活費に充てようと思って引き出す手続をしたら、取引量/取引実績、取引残高が足りなくて、挙げ句にFXの証券会社の監査部署等がAML(Anti Money Laundring、資金洗浄NG)だと騒いで勘違いされて、お金引き出し許可がずっと下りなかったこと。

③メンタルの落ち込み、原因不明の涙

④テレビ、ブルーレイレコーダー、洗濯機、掃除機がほぼ同時期に壊れたから買い換えたこと

⑤引っ越し先検討(インターネット検索、不動産屋回り〜情報収集)

⑥断捨離(掃除、不要品処分)

などで疲れてて、⑥以外は気持ちが不安定になることばっかりでした。

 

②は、取引残高を増やせ、取引実績を増やせって証券会社からずっと言われる、僕は「全部残高を返せ!」と毎日主張しまくる、で交渉が平行線状態で、

(1)大きく元本割れしなくて済み、上昇傾向にある金相場と仮想通貨相場でちょこっと取引してみました(運良く元本割れせずに済んだ)

(2)取引口座を解約するから全部お金返せと証券会社に毎日主張し続けました

(3)解約するには計200万円入金して取引残高を増やせって無茶苦茶なことを証券会社が主張してきたので、毎日「バカ野郎!」と主張し続けて、(ちゃんと僕に戻るお金だとわかってたから)80万円入金で決着をつけました(証券会社創立10周年記念のボーナス50万円 + 解約手数料みたいな位置付けの30万円を入金すれば全額返すとの確約メールをもらった)(自分がもともと入金した50万円ではなく、棚からぼた餅的なボーナスの50万円で、僕が取引して儲けた50万円じゃないから、ボーナス50万円相当を入金しろって証券会社の言い分)

 

4週間の交渉の末にようやく取引残高全額が戻ってくることが昨日決まって安心したら、急に体調が崩れたのが今朝ってわけで。「EasyTrade Markets」って名前の海外の外貨/仮想通貨取引プラットフォームは使ったらダメね!!!!

 

毎日資金洗浄じゃない、全額返せ、200万円の理不尽な入金要請は許さん(少なくとも日本の証券会社はこんなこと言ってこない)、(インサイダー取引にならないようにする等の法律に該当するケースを除き)野村證券などの大手証券会社はいつでもおろせるという実態、を4週間毎日主張し続けて、やっと勝ち取った「全額返還」。

 

僕みたいな普通の平社員レベルの人間がAMLやインサイダー取引に関係あるわけがなく、そもそも反社会的勢力と一切付き合いがないし、インサイダー情報を知り得ないからこそ、元本割れしないうちに「全額返還」を勝ち取れて良かった!  でも、英語で毎日交渉し続けてくたびれた〜。当面投資関係はやらない!!

 

親にも相談したら詐欺じゃないのかと言ってたけど、取引残高を返してくれてる人がいる以上、詐欺の疑惑はあまりなかったものの、入金や取引量増加を要請してくる証券会社は悪いと判断した方が良いです!

 

体調が悪くもなるわな・・・。


f:id:DennyBlog:20210529174921j:image