人生初の鍼灸治療 & 19年半以上ぶりに同級生と再会!

高校の同級生からすすめられて東京・雑司が谷駅近くの鍼灸医院に行ってみました。高校の別の同級生がその医院で鍼灸師として働いてて、19年半ぶりに感動の再会が果たせました!

 

鍼灸師になるためにものすごい勉強して資格を取り、鍼灸師先生になって3年になるそうです。改めて高校の同級生が幅広いフィールドで活躍してるのを実感します。

 

参考にと思って3ヶ月前に受けた健康診断結果とお薬手帳を持って行ったのが幸いして、問診の時に役立ちました。高校時代も笑顔で勉強と部活を頑張ってるのが印象的な同級生だからこそ信頼して現状の僕を医学面で診てもらおうという気持ちになりましたね。

 

とことん患者の健康状態と向き合い、施術のポイントを説明し、実際の施術をじっくりやってもらうという一連のプロセスが安心できたと思います。痛くなく、熱くもなく、注射よりもかなり細い施術用の鍼(はり)でお腹、肩甲骨、首や肩を中心に施術してもらいました。

 

医院に行く前は、(ジョークですが)池波正太郎原作の「仕掛人 藤枝梅安(鍼医者を表看板に、裏では針で悪人をやっつける必殺仕事人みたいなダークヒーロー)」みたいに荒療治されてしまうのではと思ってたけど、人柄通りに親切、丁寧な対応をしてくれて、何より話をたくさん聞いてくれるのが良かったですね!

 

普段の生活、服用してる薬、今の豆腐メンタルな僕の内面、トイレの回数、現在治療中の病気とかを総合的に判断して施術できるのはさすがプロの鍼灸師!  体にとって不要なものがたくさん出しきれてないのを見事に見破った!  肩が詰まったような感じで、不要なものが出しにくい状態だったらしい。

 

今日は久しぶりに感動! コロナ禍でなかなか人と会って話せないのが現実な中で、こうして再会できたのは本当にありがたいことです。来週もまた施術してもらいます!  今日は感動をありがとう!! 鍼灸医院をすすめてくれた同級生にも感謝です。

 

鬼子母神堂から程近い医院で、医院から明治通りを南下して新宿三丁目駅まで日課のウォーキングをしました。黄色い銀杏並木が綺麗でした。

URL: http://hiryuharikyu.com/sp/


f:id:DennyBlog:20201215164708j:image
f:id:DennyBlog:20201215164726j:image
f:id:DennyBlog:20201215164734j:image
f:id:DennyBlog:20201215164743j:image